子供の頃、アニメで観た『杜子春』がなぜか

急に読みたくなり、芥川龍之介の短編集を

買って読んでみました。

その中にあった『トロッコ』を初めて読ん

だのですが、感動したとかいうのとはまた

違う、非常になんとも言えない気持ちに

なりました。

なんなんだろうな、あの感覚は・・・。

 

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM